学生時代に活かすビジネスマナー

2017年04月27日 | キャリア支援

専門学校のシステム系クラス一年生。

「学生生活に活かすビジネスマナー」と題して、

3時間でこの2年間(3年間、4年間)で身に付けておくといいと思うマナーを伝えています。

専門学校は仕事に直結した学びを得る場所ですから

セットでマナーを身に付けておくに越したことはありません。

ビジネスマナーと呼ばれるものには

お辞儀の練習から始まり

敬語

電話応対

来客応対

・・・・・・・・・・。

でも、一番大切なのはマナーという形が出来上がる前の根っこの部分なわけで

この部分が何なのかわからないと

なぜにマナーを身に付けなくちゃいけないのかも分からない。

なので、今回担当している「学生生活に活かすビジネスマナー」では

最初にこちらをみんなで考え、

それぞれの腹に落ちたところで、

形を教えて身に付けてもらうという授業の流れをつくっています。

ほんの3時間ですから

前述の敬語、電話・・・、来客・・・応対はほとんどなし。

学生生活の中で毎日のように使えるマナーのみを伝えるようにしています。

それにしても今の学生たちは

マナーが大事という事をかなり早い段階からわかっているという印象。

なぜ?というところまではわからないけれど

これを身に付けておかないとちょっとまずいぞ、と考えている学生が多いような気がします。

マスコミの影響でしょうか?

なんか面倒くさいなと思っていた私の学生時代とは大違いです(笑)

みんなすぐにでも活かしてくれるに違いありません。

社会人になったら

お互いに毎日を気持ちよく過ごす職場の環境づくりは

一人一人がするもの。

その一歩になりますように。

今日のランチは満開の桜を目の前に眺めながら。

盛岡城跡公園のお堀の桜。

城が有った時代のものではないと思うけれど

なんとなくその時代を想像してしまう風情です。
18009798_1274509465996518_960088126_n

少しの自信から始める社会人への一歩

2017年04月18日 | キャリア支援

本格的に授業が始まりました。

今日は専門学校と大学工学部での授業。

専門学校は入学したての1年生へ

「学生生活に生かすビジネスマナー」の講義。

大学ではコミュニケーション授業の概要の説明と好印象について。

2年間で、コミュニケーションのコツを身に付けることで

就職活動にも社会人としても

すこし自信を持って活動&過ごすことができるはず。

すこし自信を持つことによって

一歩踏み出してみようという気持ちになれたり

周りから褒めらることもあって更なる自身につながったり。

「すこしの自信」から始める。

そのための授業。

学生みんなが、

自信を持ってイキイキした表情で仕事をしている姿をイメージしながら授業を担当します。

岩手大学工学部では

十月桜が迎えてくれました(*^-^*)
18009088_1274509552663176_882280377_n

18009798_1274509465996518_960088126_n

18009740_1274509575996507_1823843606_n

新入社員研修「守」を大切に。

2017年04月15日 | キャリア支援

昨日 4月14日は新入社員研修を担当。

昨年秋に、女性セミナーのお声をかけて頂いたご縁で

今回もビジネスマナー講師のご依頼を頂きました。

ビジネスマナーはコミュニケーションのコツがギュッと詰まったもの。

形式ばったものという捉え方もあるけれど

もともとは、思いやりの気持ちから生まれたものが

長い時間をかけて、形として整えられたもの。

社会の常識として多くの方が大切にするものとなったのにはやはり意味があって

私たちには必要なものなのですね。

「守破離」で良いと思うのです。

はじめは形を覚え、自信ができたら

思いやりの気持ちを持って考え

その時、その状況に合わせてどうすればよいかを考える。

社会人一年生はまず「守」

自信をもって仕事ができるための

いくつかのスキルをお伝えしました。

私の話が新入社員の皆さんのお役に立てますように。

一般社団法人 岩手県自動車整備振興会様
ありがとうございます。

帰りに頂いたブランドもの?のティッシュ、大事に使わせて頂きますね\(^o^)/
17974130_1271510229629775_1357667809_n

17888288_1271510216296443_1589300670_n

新入社員ビジネスマナー研修は今からでも間に合います

2017年04月10日 | キャリア支援

一週間の始まり。盛岡の朝はお日様の光がまぶしい朝でした。

週末の夜、新社会人となった息子から

「一週間 がんばった」のひと言と共に

行きつけのもつ焼き屋さんのかぼポテサラダの写真が送られてきました。

なんだかホッとしますね。

大人になっても「子どもは子ども」いつまでも心配、というのは本当です。

さて、私の仕事も今週はこの春の本格始動といった様相。

大学と専門学校の授業が始まりますし

新入社員研修の仕事も頂いています。

さらに、キャリアデザイン授業「ドリームマップR」を高校で開催させて頂きます。

高校でのドリマ授業は私にとってははじめてなので

準備には随分と時間をかけています。

準備9割・・・とよく言われますが

講師の仕事は、本当にこの準備が勝負です。

専門学校・大学の授業も新入社員研修も

準備万端で臨みたいと思います。

-----------------------------―――
新入社員研修は今からでも間に合います!
•新入社員の常識が自分の常識と違っている!!とお困りの経営者の皆さま
•電話応対をさせてみたらお客様を怒らせた!
•仕事の指示をしているのに返事がないし、仕事が終わってからの報告もない!
•お茶の出し方って教えないとできないの?
•おいおい、先輩にも上司にもタメ口なのか!

などなど、お困りのご上司の皆さま、経営者の皆さま。お問い合わせください。

学生指導20年の大村のセミナーがお役に立つかもしれません。

セミナー内容・講師料などお問い合わせはメールでお願いいたします。

☆題名に「すまいるコミュニケーション問い合わせ」とお書きください。

☆duetsyoko@yahoo.co.jp あてお待ちしています。

北上金属工業協同組合様 新入社員研修

2017年04月04日 | キャリア支援

北上のNPO法人よつばネット様のご依頼を頂いてのビジネスマナー研修。

入社したての初々しい新入社員18人の一生懸命さがまぶしい。

不安も希望も一緒くたの今。

とにかく行動あるのみ。

でもどう動いていいかわからない・・・と言ったところでしょうか。

私にも、もちろん覚えがあります。

私は素直でもなく

相手を敬う気持ちよりも「私を見て!」のちょっと上から目線の新人でございました(笑)

なので、失敗も多く、コミュニケーションも上手くいかないことがたくさん。

だからこそ伝えられるコミュニケーションのコツがあります。

目の前の学生が

先輩や上司・お客様から

「この新人を育てたい」「一緒に仕事がしたい」と思って頂けるようにするのが私のミッションと思ってビジネスマナーをお伝えしています。

2時間半でお伝えするには、ボリュームのある内容なので

充分にお伝えできなかった部分が多いのですけれど

今日有った皆さんに

これからの仕事に役立ててもらえることを心から願っています。17806978_1261485220632276_991009782_n[2]

表情・顔つき・顔立ち

2017年03月27日 | キャリア支援

コミュニケーションのセミナーで
どうしても、時間をかけても
なぜかいつも暗いオーラを放つ表情の方がいます。

毎朝届くメルマガの一つに「顔の見た目」についての記事。
なるほど、と思ったので覚書。

アイネスト 倉橋竜哉さんのメルマガより。
-----------------------―――---------
「顔の見た目」というのは、大きく分けて
3つの要素があると考えています。

変えやすいものから順番に並べると

1.表情

2.顔つき

3.顔立ち

という3つであります。

表情は、その場で変えることができます。

笑顔だったり、泣き顔だったり、不満顔だったり・・・

感情が現れたり、意識的に作ることもできます。

子どもや表情豊かな人は、ほんとにコロコロと
表情が変わりますよね。

顔つきは、すぐには変えられないけれど、
日数を重ねると変えることができます。

その人の「ここしばらくのコンディション」が
見た目に現れます。

体調はもちろんですが、ココロの安定性や、
考え方や物事の見方などが影響します。

顔つきだけを意識的に変えることは難しいですが、

考え方やココロの状態を変えることで、
間接的に顔つきを変えることはできます。

顔立ちは、なかなか変えられません。

「母親似」「父親似」など、遺伝の影響が大きく
いわゆる「生まれつき」に支配されます。

しかし全く変わらないわけではなく、

5年、10年という長い期間をかけて、
その人の顔つきが、顔立ちを変えていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

教育実習を予定している学生さんからのアンケート

2017年03月18日 | キャリア支援

3月の初めにお邪魔した
教育実習予定者のための「表現技法特別講座」

アンケート結果が届きました。

役に立ったかという質問では
「とても役に立った」75%
「ある程度役に立った」15%
という回答。
9割の学生たちに役に立ちそうだと思うと
ホッとします。

声の出し方から始まり
生徒たちにどう声をかけるのか
自分に声をかけてもらうにはどんな自己紹介が良いのか
といったことを90分×3の時間で伝えるプログラム。

自分も教育実習生を経験していること(相当前の話ですけれどね)や
専門学校での授業を長く続けていることから
現場で使える実践的なプログラムにして、
自分たちが動く(声を出す、感想をシェアする)ことでの気付きを促そうとの目的でつくりましたから
その目的がおおむね達成できたようで嬉しいです。
 
学生たちの感想をいくつか。

『教師と生徒とのコミュニケーションの中で、教師が一方的に言葉を「かける、伝える」ことだけでなく、生徒の言葉を「聞く、受け止める」ことも重要であることを学ぶことができました。また言葉だけでなく表情や姿勢など自分が考えていること以上の要素が、生徒に影響を及ぼしていることを講義中のグループワークや講師の大村先生の反応、あいづちから考えることができ、実際の教育実習に活かせると感じました。』

『自分の欠点を再認識し、教育実習までには必ず直したいこと、今の段階で具体的に何をするべきか知ることができました。
理由として、講座内で発声練習や姿勢、自己紹介を行う又、他人の自己紹介を見たことで、自分自身の滑舌、声の出し方や大きさなどまだまだダメだなと思う点がたくさんあり、他人と比較することで、これから話す時は口の動きに気を付けよう、他人が一番聞きやすいと思う声の大きさで話そうなど普段から意識しようと思うことができたからです。』

こんな風に感じることができたら、教育実習生、いやいや教員としても生徒の気持ちに寄り添い、一人一人を大切にできるんじゃないかと思います。改めて、エールを送りたくなります!頑張れ~!きっとうまく行く!!

そして、こちらは私へのご褒美に感じる感想。こんな風に受け取ってもらえたら目的の多くが達成できたかなと嬉しくなります(*^-^*)

『生徒の投げかけや意見に対する大村先生の温かい反応によって、場の雰囲気が良くなり、コミュニケーションが取りやすくなった印象を受けました。その姿を見習い、自分なりにコミュニケーションが楽しくとれる方法を考え、日ごろから実践し、教育実習で集大成を見せたいです。まずアルバイトの姿勢から良くなるよう改善していきます。』

もちろん、私なりの課題もありますので、次に生かします!

この機会をつくってくださったAさんとチームの皆さまにあたらめて感謝いたします。

17392062_1246071395506992_95105798_n

卒業式で嬉しいご褒美\(^o^)/

2017年03月08日 | キャリア支援

2017度卒業式22107 卒業式

お世話になっている専門学校の卒業式で
学生たちの巣立ちの時を見送らせてもらいました。
卒業パーティにもお邪魔して
直接お祝いの言葉をかけさせてもらえてうれしかったなぁ。

非常勤講師に花束贈呈~の時間に
花束を持って来てくれた学生は
教室では物静かだったけれど
今日はとっても晴れやかな顔で
「先生の授業がとっても楽しかった。これからも笑いの有る授業をしてください
って(*^-^*)

パーティが終わってから
「大村先生」って声をかけてくれた学生は
メッセージ付きのプレゼントを持って来てくれた( ;∀;)
「笑顔で熱心に教えている先生、これからも頑張ってください」と書かれたメッセージにホロリ。

どのクラスにも個性があるので
同じビジネスマナーやコミュニケーションを教えるにも
それぞれに工夫が必要。
ワークを入れてうまく行くクラスもあれば
あれれ??のクラスも。
なので、いつも柔軟性を試されてる感じ。

大変でもあるけれど
学生との時間が好きでもう10年以上続けてる講師業。

年に一回くらい、こんな風に
学生から嬉しい言葉をもらえるのは最高のご褒美!!

岩手日報の東根社長の祝辞に感動したのでここにメモ。
「チャンスはいつでも目の前を通り過ぎている
それをつかむか掴まないかは自分次第。」とおっしゃって
その後突然の唄、しかも民謡「南部牛方節」
「牛よ、けっぱって(頑張って)このさかのぼれ
そしたら後は楽になる」と言った感じの歌詞でした。

この歌詞を聴いて私は
やり切った後に見える景色を想像しました。
坂の上からみる広がりのある景色
ちっぽけなことしかできない自分だと思っていたけれど
こうして高いところから見下ろすと
これまでやってきたことが道のようにつながっているんだなと思える感覚。

卒業生の皆さんにもそんな景色が見えますように。

西和賀町ファン(*^-^*)

2017年02月28日 | キャリア支援

岩手の西に有って
秋田にほど近い地区、西和賀町。

この岩手の中でも豪雪地帯で知られる町に
2年間で18回ほどお邪魔させて頂きました。

冬には雪合戦の大会が行われたり
雪あかりを楽しむ夜が有ったり
「雪」という資源を使って町に観光客を呼ぼうという取り組みが盛んにおこなわれています。

温泉の町としても知られ
地区でいうと3地区
その地区には入らない温泉もあるので
全部廻ろうと思ったら相当な数が有りそう。

旅館は家族で経営しているところが多く
その料理は家庭的かつ工夫が凝らされたものばかり。
おもてなしをしてくださる皆さんの気持ちがあったかくて
温泉で身体を温めて
女将さんやご主人とのコミュニケーションで心もあったまる。

私は接遇の仕事でお邪魔していたのですけれど
少し残念だなと思うことがあって
今日のセミナーは
その部分を埋めてもらうためのもの。

ご縁が有って何度もお邪魔した西和賀町。
この町がもっともっと全国の皆さんに知られ
西和賀いいね!!をたくさんもらえるようにと祈りつつ
この仕事を締めることにいたします。

西和賀町に感謝
お世話になった皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。
LOVE 西和賀~♪

西和賀

お湯よりあったかいおもてなし・・・西和賀

2017年02月22日 | キャリア支援

接遇の仕事でお邪魔した西和賀。

女将さんたちの仕事への誇りを伺う一日。
お客様を愛し、
お客様に喜んで頂くためには・・・
を日々考えていらっしゃることが伝わってくるので、
私までその愛をたっぷりと浴びた気持ちになって帰ってきました。

お湯もあったかいけれど
女将さんもお宿もあったかい西和賀。
まだ雪がたっぷりと残る温泉にいきたいと思う皆さま、西和賀、お勧めです。16831142_1223224344458364_4892316585198051408_n