仲間との学びが楽しくて♡

2017年05月28日 | ドリームマップ®

ドリマ先生仲間での勉強会。

このプログラムを一緒に小中学校に届けている仲間が集まっての勉強会。

岩手のメンバーが7人

青森のメンバー4人

遠くからも足を運んでくれる青森のメンバーがこの春に一気に増えて

なんと嬉しい事か(*^-^*)

伝えづらいドリームマップ®の肝になる「123の法則」

この肝を自分の言葉でどう伝えるのか。

自分の中に落とし込むまで

なかなか伝えにくいし

小学生にどう伝えるのかと

相手によっても伝え方が変わる「123の法則」

それぞれが工夫した「123~」
その人のバックボーンから生まれた言葉は

やっぱりこちらの胸に響く。

その人が普段から「123~」を回していることがわかるのも嬉しかった!!

緊張の勉強会の後のお楽しみはメイクレッスン。

人前で話すためには印象も大事。

ファンデーションの塗り方

チークの入れ方

眉の書き方

どれも、いつものメイクの仕方と違っていまして・・・。

ワクワク若やぐ 華やぐ時間でした。

18762562_1309036555877142_739057537_n

高校生ドリームマップ授業「夢のチカラで可能性を広げよう」

2017年04月15日 | ドリームマップ®

盛岡でうっすらと雪が降った4月13日㈭

岩手の県北に有る岩手県立軽米高等学校で
ドリームマップ授業で登壇させて頂きました。
入学したての1年生 44名。

このプログラムを通して伝えたかったことはいくつかありますけれど
次の二つは繰り返しお話ししたところ。

一人一人の中に、その人なりの「夢(未来)のタネがあること」
「夢のチカラがその人の可能性を広げてくれること」

ご依頼くださった校長としては
「生徒たちが見ている世界が狭い事で可能性を充分に広げられていない
見ている世界を広げることで可能性を広げて欲しい」との想いが有りましたが、
その心のリミッターを一日で外すことはやはり難しい。

けれど、生徒たちの心の中に
もしかしたら、思っているよりもっと大きなことに挑戦してもいいんじゃないかとの想いや
未来を明るく描いていいんだとの想いが小さくとも芽生えることには
大きく貢献できているはず。

何より、一度も考えた事のない自分の未来を一日かけて考えた事で、
「一体、俺は何をしたいんだ」「私はどうなれたら幸せなのか」を検索し続けるスイッチが入ったのではないかと思うのです。

2年生でフォローアップ授業をとのご提案も聴いてくださっているので
その後の生徒たちに会えることが楽しみでなりません。

高校の同級生が校長とのご縁で決まったこの授業。
ご縁って本当に嬉しいもの。
高校の時から優しかったI君。今も優しい方でした!
17918781_1271510462963085_2007955227_n

27校 48クラス 1318人の子どもたちにドリマ授業

2017年03月31日 | ドリームマップ®

大きな挑戦をさせて頂いた今年度。
挑戦しただけに終わらせずに来年度につなげよう!!

一人の力ではできないことがチームの力で実現。企業ではそれが当たり前のことだけれど、小さなチームで思った以上のことができたことが嬉しい。

志(こういった言葉を使うことは、なんだかムズムズ気恥ずかしいけれど、他には浮かばず・・・)を何度も確認し合い、活動の木の幹をしっかり太くすることで、広く長く続くはず。

来年度も地道に根っこを張らせ、新しい葉を育てる一年にしたいと思っています。

—————————————————————————————-
岩手のキャリア教育「ドリームマップ®」授業は今年度27校で開催。48クラス1318人の子どもたちに届けることができました。

開催を決めてくださった学校の先生方、北上での開催に協賛いただきましたNPO法人よつばネット様ありがとうございます。

植松努さん講演会の共催を決めてくださった杜のこどもクリニック様、協賛いただいた弘前の平安堂薬局様、ご参加くださった皆さま、告知等ご協力を頂いた皆さま、ありがとうございます。

子どもたちの未来を応援するこの活動を支えてくださっているすべての皆様に、心から感謝いたします。

そして、誇り高くこの活動をしようぜ!と始まった今年度の活動を一緒に進めてきた仲間に感謝っ\(^o^)/

パートナーと描くドリームマップ

2017年02月03日 | ドリームマップ®

去年秋にドリームマップのワークショップを受けてくださった方から
素敵なご報告を頂きました。

ドリームマップで、ご自分の未来をとっても幸せそうに描いたTさん。

そおのTさんが年末に、パートナーの男性と一緒にまたドリマを描いたのだそう。

普段、あまり口数の多くないお相手が

貼った写真の説明をすることで

「そんなこと考えていたんだ!」という気付きがたくさんあったそうで、

とても良かった、と話してくださいました。

仕事の依頼でお電話をくださった時に伺った事なので、

あれこれお聴きできなかったけれど

パートナーで描くドリマっていいなぁデス。

お互いを知っているようで知らない夫婦。

私も、以前夫にこれからやってみたいことある?って聞いたら

「へ~!!そんなこと考えていたんだ」という驚きとともに

応援したい気持ちになったものでした。

人生を共に歩むパートナーでも

それぞれに描いている未来は別。

一緒に生活をしながらも

お互いの世界を大切にしあい

認め合うことができたら良い関係を続けられるんじゃないかと思うのです。

気持ちホカホカになる報告を頂いて、

今夜も幸せな気持ちで過ごせそうです。

weddingドリマのワークショップ、良いかもね\(^o^)/

まだまだ続くドリマ授業!

2017年02月03日 | ドリームマップ®

冬休み明けの小学校で
キャリア教育 ドリームマップ授業。

盛岡市を中心に冬休み明け6校での授業が終了しました。
この時期になって、今年度開催したいとのお問い合わせも有り、開催決定した学校も有り、嬉しい悲鳴です。

スタッフは、仕事の調整をし各校の授業に参加。
県外のスタッフも駆けつけてくれる有りがたさもかみしめながら、子どもたちが伸びやかに自分の未来を描くことを手伝っています。

今日は、次男が5・6年の時に担任としてお世話になった先生のクラスで授業。異動前の小学校でもこの授業を導入してくださっているので、ずいぶんと長いお付き合いになりました。他にも、こうして、ドリームマップ授業を通じて長いお付き合いをしてくださっている先生が何人も。

その時には楽しさ3割大変さ7割の役員稼業だったけれど、この経験が有ったからこそ、こうして先生方と繋がっていられるんだなぁとしみじみ思います。

無駄な経験は何一つない・・・なんて言うけれど、このドリマ授業ではそのことを強く強く感じています。

ご縁を大切にしながら、この活動を続けて行きたいと思います。

2月中旬までまだまだ続くドリマ授業、体調を崩している場合じゃない!!ちょっとしたことで、体調を崩した自分が悲しい~。

この週末で復活するよ\(^o^)/

『思うは招く』植松努さん講演会、ありがとうございます

2017年01月15日 | ドリームマップ®

植松努さんの講演会が無事終了しました。
400人近い方々にお集まりいただき
植松さんのお話に感激、感動してくださいました。

イベントの素人ばかり集まっている私たちが
この大きな講演会を成功させることができたのは
いくつも理由があると思いますが
まずは
スタッフ一人一人の想いと
素人らしい「なにもわからないこそ」の一生懸命さが有ったこと。

そして
そんな私たちを助けてくださった方々がいて
告知にご協力を頂いたり
アドバイスを下さったりしたこと。

もちろん
植松さんの人間的な魅力とその経験。

そんなことが一つになっての大成功。
私にとっては
まさに「思うは招く」を体現できたことと
仲間とチャレンジできたことが最高に嬉しい事。
一番感謝したいのは
やっぱり仲間!!
ありがとう~。

講演会の目的は
・夢を持つことで可能性が広がることを伝える
・夢のチカラを知ってもらう
・私たちの活動を広く知ってもらう
この三つでしたから
この後、皆さまとの出会いをご縁にして
さらに一歩を踏み出すことができます。

私自身は、
この1月11日をもって平成27年が終わったという感じがしているくらい
この講演会の事で頭と心の半分以上が占められていましたので、昨年の振り返りもできず、年頭の計画も立てないままに1月の半分が過ぎてしまいました・・・。一年の24分の1、過ぎた?

ボンヤリと描いている構想を具体的にしていく作業を始めましょう~。

15970655_1179832008797598_884837903_n[1]15995746_1179831578797641_1308285276_n[1]

仲間と!

2017年01月07日 | ドリームマップ®

%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

キャリア教育として小中学校にドリームマップ®を届けている私たち。

その仲間でとても大きなチャレンジをしました。
500人を集める講演会です。

思いついてから間もなく
仲間からスポンサーになってくださる方がいるとの知らせ。
その後、企画がトントントンという感じで進んだのでした。

「多くの子どもたちに夢のチカラを伝えたい」
「子どもたちを支える保護者の皆様にも夢のチカラを伝えたい」
「私たちの活動を知ってもらい、もっと多くの子どもたちにこのプログラムを伝えたい」

そんな気持ちで企画した講演会。
講演者は
「人の可能性をうばう どうせ無理 という言葉をこの世からなくしたい」との活動をなさる植松努さん。

夢のチカラを伝える私たちと想いがおんなじ!!
講演の題目は【思うは招く】

私たちもまさに【思うは招く】でここまで来たなと思う新年。
仲間と共にこの活動ができていること
これからも一緒に活動できることに感謝~\(^o^)/

20161219 上田小学校ドリームマップ授業

2016年12月28日 | ドリームマップ®

年内最後のドリームマップ授業は盛岡市立上田小学校で。

サッカー選手になりたい子は、みんなから「頑張れ」の声をたくさんもらっていて、日ごろからサッカーでの活躍が注目されている子なのかという印象。
そして、この子のドリマ授業への感想は
「目先のことでつまってしまうことがあるけれど、それにとらわれず、広い夢・広い視野を持って頑張りたい。この授業でイメージが膨らみ、発表したら自分の悩みがすっとんでいった」とのこと。
お~、私もこの言葉に学ばねば!

大人もずっと先にあるビジョンが見えていない時は、目先のことにとらわれてイライラしたり、投げ出したくなったりしますよね。そんなときは、立ち止まって、何のために誰のためにを思い出すと、すーっと物事が頭の中で整列してくれる感じがしています。私の場合ですけれど。

そういったことに気付くことができる6年生の思考する力!!小学生だからって答えを教えなくても自分でしっかり考えられることを実感した一日でした。

ueda

20161216 河北小学校ドリームマップ授業

2016年12月17日 | ドリームマップ®

授業の最後にお礼として歌ってくれた
子どもたちの合唱
「命のうた」に号泣。
———————–―――

はじめて考える自分の未来。
そんな子もいて
不安も一緒の心の中。

うんうん考えて考えて
自分の未来を描きだした後の
みんなの顔はスッキリ良い顔でした。

「みんなの夢を共有できてよかった」
「氷山の一角だけではなく、山一杯の自分を知れてよかった」
嬉しい感想も
私たちへのご褒美デス。

15592657_1158638187583647_1083815390_n1

植松努さんの講演会を開催します

2016年12月09日 | ドリームマップ®

周りから「無理」と言われ続けた「ロケットを飛ばす夢」を叶え、今ではご自身の会社でロケットを飛ばしている植松努さん。

親子で聴いて頂くもよし
大人だけで聴いて頂くもよし
の講演会です。

きっと勇気がもらえます。
今を生きる力をもらえます。

当日券でお入りいただけますが
前もってチケットが欲しい方には直接ご連絡を差し上げます。

https://www.facebook.com/events/1104480616271923/
%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7