新ドリマ先生誕生~(*^-^*)

2017年08月09日 | キャリア支援

3月から8月にかけて開催した
ドリームマップファシリテーター養成講座全8回が終了しました。

今回の講座では、少し遅れて認定をもらう方を含めると7人の新メンバーが誕生!!

岩手のみならず、東北全体で子どもたちの未来を応援する仲間が増えて
とてもとても嬉しいです\(^o^)/

いわて沿岸大船渡の方、秋田の方、青森の方、盛岡の方、
寒い地域の皆さんの熱い気持ちが集まった感じですね~。
再受講の先生の中には、函館からお越しくださった方も!!
(今更ですが新幹線開通、ありがとう~)

ドリームマップRというプログラムを岩手の小中学校でキャリア教育として導入頂くようになってからもう8年。

1校から始まったものが、今年度はすでに27校(岩手県内)での開催が決まっています。
さらに弘前市内では、いきなり3校での開催が決定!!!

人と人がつながることで
エネルギーの大きな渦ができることを今実感しています。

これからの時代の働き方の一つとして
「パラレルキャリア」という言葉が聞かれるようになりましたが
この活動をする私たちの活動はまさにパラレルキャリア。

本業を持ちつつ、生きがいやりがいを感じる活動を並行的に持つことで
本業にもいい影響を与えてくれる。
そんな実感もあります。

そして何より、この活動に集まるメンバーの魅力的なこと!
このメンバーで、活動を広げていくこと続けていけること、
楽しみだぁ~\(^o^)/

20621838_1377380419042755_6295560368340769237_n

20620778_1592803124073192_9163209106764878768_n

表情・言葉・しぐさを磨いて日々笑顔~心地いい毎日をつくる接遇マナー~

2017年08月08日 | キャリア支援

2、好印象の3つのポイント<姿勢>

⑳ 話す時のクセを意識してみましょう。

話していて、この方落ち着かないなぁと感じる人っていませんか?

一番気になるのが、貧乏ゆすり。
その人を、私がイライラさせているような気がして気になる気になる。

その他にはこんな事。
・ペンをカチカチ
・ペン回し(若い男性でとっても上手な方いらっしゃいますね~、ついそっちに目が行きます)
・髪をしょっちゅう触る(こちらは女性に多い。前髪をきりすぎた時は、私もやってます(笑))
・視線があちこちに行く

急いでいるんだから、早く終わってほしい、と気持ちのどこかで思っていたり、興味のない話だと無意識に感じていたり。あるいは、自信がない事が、そのしぐさに現れていることもありますね。

嫌な思いさせる気なんてなくても、相手に対して無意識に自分の気持ちを発信していて、相手はその信号を受け取るもの。

人と話していて何気なく出てしまうクセ、ありませんか?
そのクセは相手に嫌な思いをさせていませんか?
今日の午後は自分の癖を意識してみましょう。

あ、木村拓哉さんが右の口の端をちょっと上げるしぐさ、ちょっとカッコイイなと思う私です。でも身近な人がしたら、バカにされた!って見えるかもね。

※このテーマのブログは、セミナーや講演でお話ししたことをまとめたものです。週に1回~2回程度upいたします。毎日を笑顔で過ごすためのコミュニケーションのコツがお役に立ちますように。

※こちらのテーマだけをご覧になりたい方は
テーマ 『表情・言葉・しぐさを磨いて日々笑顔 ~心地いい毎日をつくる接遇マナー~』を選択してお読みください。

18579017_1301689893278475_410685474_n

表情・言葉・しぐさを磨いて日々笑顔~心地いい毎日をつくる接遇マナー~vol.19

2017年07月31日 | キャリア支援

2、好印象の3つのポイント<姿勢>

⑲ 威圧的なその姿勢も要注意!

子どもたちが小学校に通っていたころのこと。用事が有って学校の事務室へ。
体育館の窓ガラスを、サッカーボールで割ってしまった子が教頭先生に怒られていました。
「なんで割ったの?」「サッカーボールで」
「そんなこと聞いてるんじゃないわよ」「どうして割ったのか聴いてるのよ」
「遊んでいて・・・」「だから、そんなこと聞いているんじゃないのよ」

いやいや、そう答えるしかないでしょ・・・と思う質問を延々と。
子どもも聴かれたまま答えているのに、とんだ災難・・・と思うやり取りでした。

件の先生、追い詰めるような質問だけでなく、
子どもにとっては相当な威圧感を与える姿勢。
足を肩幅以上に広げ、腕組みをし、背筋をのけぞらせるようにして、子どもをにらみつけています。

これじゃあ、子どもは反省する以前に怖くて怖くて仕方ないはず。
それでも、先生の質問には一生懸命答えようと必死。
(ここででしゃばってはいけないと自分に言い聞かせるのが大変でした~)

相手に威圧感を与えようと思ったら、
腕組みをして足を広げ、のけぞって上から目線で、相手を見下す。
まさに、その見本を見せられたようでした。

相手のためを思うなら、威圧的な態度ってそんなに必要ないですよね。
でも、無意識にこんな風に相手を責めてしまっていることありませんか?
のけぞっていないかな?
上から目線になっていないかな?今日の午後は、こんな姿勢の見直しを~。

写真は、ご近所のノウゼンカズラ。
この花を見ると小さなころ夏休みにお遊びに行っていたおじいちゃんおばあちゃんを思い出します。おばあちゃん、お茶目で可愛いい人だったなぁ。

※このテーマのブログは、セミナーや講演でお話ししたことをまとめたものです。週に1回~2回程度upいたします。毎日を笑顔で過ごすためのコミュニケーションのコツがお役に立ちますように。

※こちらのテーマだけをご覧になりたい方は
テーマ 『表情・言葉・しぐさを磨いて日々笑顔 ~心地いい毎日をつくる接遇マナー~』を選択してお読みください。

20526765_1371913399589457_1145075553_n

表情・言葉・しぐさを磨いて日々笑顔~心地いい毎日をつくる接遇マナー~vol.17

2017年07月25日 | キャリア支援

2、好印象の3つのポイント<姿勢>

⑰ 胸を開いて、美味しい空気を身体に取り込みましょう

学生に姿勢の指導をしていると、胸が開いていない猫背が多いことに気が付きます。
背中が丸い猫背というより、肩が前に出ているというか胸を開いていないというかの姿勢。

身を窮屈に縮めているというようにも見えて、こちらまでなんだか窮屈な気持ちになっちゃいます。

猫背は、その人を「自信無さげな人」「暗い感じの人」に見せてしまいます。就活生なら、自信無さげな態度はもちろんNGですし、仕事なら「この人に任せて大丈夫なの?」と相手を不安な気持ちにさせてしまいます。

よく言われる猫背解消法は・・・
・頭のてっぺんを天井から糸で引っ張っている感じに立つ
・おへそを縦にするイメージで立つ
・お尻をきゅっと締める
などがあります。

そして、私がお薦めするのは
大村開発の「123体操」です。(いやいや、すみません!開発というほどのものではありません・・・)
①で肩をギュっと上にあげる
②でその肩を後ろにもっていく(肩甲骨を真ん中に寄せる)
③でフッと力を抜いて肩を降ろす
そう、それで背筋がスッと伸びますよね。

胸を開くと、美味しい空気と一緒に「いい運気」とか「良いご縁」も身体にスッと入ってくるかもしれませんよ~。

※このテーマのブログは、セミナーや講演でお話ししたことをまとめたものです。週に1回~2回程度upいたします。毎日を笑顔で過ごすためのコミュニケーションのコツがお役に立ちますように。

※こちらのテーマだけをご覧になりたい方は
テーマ 『表情・言葉・しぐさを磨いて日々笑顔 ~心地いい毎日をつくる接遇マナー~』を選択してお読みください。
20292073_1366531886794275_455895071_n

キャリアデザイン授業で『火天の城』鑑賞

2017年07月01日 | キャリア支援

専門学校の2年生クラスでキャリアデザインの授業を担当。

今週は、映画「火天の城」をみんなで鑑賞。

よほど歴史好きでなければ、

20歳でこの映画は自分では選ばないだろうなと思うこの映画を選んだのは

あと半年後には就活が始まる学生たちに働くことを考えて欲しかったから。

もちろん、現代の働き方とは違うけれど、

考えるきっかけには良い。

感想文では

それぞれ、どの場面、どの言葉で

心が動いたのかが違っていて面白い。

就活は大事だけれど

その先を見て欲しいと思っての授業。

働くことの厳しさは、あちこちから聴いていて

辛い未来を描きがちな学生に

厳しさだけではなく楽しくやりがいも見つけられる働き方を考えて欲しいと思っています。

19437634_1338274136286717_306073846725206852_n

盛岡市立東松園小学校ドリームマップ®

2017年06月26日 | キャリア支援

今年度初のドリームマップ®授業はこちらで。

4年目となる学校で
窓口の先生はドリマファン。
そのお気持ちが通じているのか
子どもたちも
この授業をワクワクと待っていてくれたのかなという印象。

個性の花が咲く教室で
一人一人が伸び伸びと自分の未来を描きました。

自分が社会の一部で
自分の力が誰かを喜ばせることができる。
こんな考え方をサラリとできる子どもたちでしたし、
日ごろ、相手の気持ちを想像することができている子が多いような気がしました。

今年度はすでに30校に迫る勢いでこの授業のご依頼を頂いています。
楽しく頼りになる仲間と一緒に
子どもたちの未来を応援していきます~。

開催校が増えています。
カウンセリング、コーチングの実践の場にもなりますよ~。
ドリマ先生、絶賛募集中です(*^-^*)19399989_1937642059847711_5908798510131753547_n

大学2年生、自分の未来を考える

2017年06月26日 | キャリア支援

先週は
大学2年生のキャリアデザインの授業全5回が終了。
自己分析をグループでシェアしながら進め
最終回では自分の未来をビジュアル化。

職業というキーワードではなかなか未来が見えてこない学生でも
「自分なりの明るい未来」とか「幸せな未来」というキーワードで将来を考えると
いろいろと出てくるものです。

大学生や専門学校生でも
就活直前まで自分がどんな職業に就けばいいのかは見えてこないことが多く、
それがダメなことだと自分を責めて動けなくなることもしばしば。

今回は2年生への講義でしたので
この後、
自分は何ができて
何がしたくて
どんな生き方働き方がしたいのかを見つけるきっかけにしてくれるはず。
すぐには見えずとも
アンテナを張って自分の未来につながる情報をキャッチしてほしいものです。

終了後、個人的にお話しした女子学生は
自分の周りと自分を比べてないもの探しをして苦しくなっている様子。
そんな時期もありますね。19433813_1335407013240096_476845242_n

人生は回転?

2017年05月19日 | キャリア支援

専門学校のあるクラスでキャリアデザインの授業をさせてもらっています。

今週は自分の価値観と自分とは違う多様な価値観を知ろうという授業。

予定外の質問をフト思いついて聴いてみた。

「人生をひと言で表すとどんなキーワード?」

そこで出たのが「人生は回転」

その心は・・・
「人っていろんな経験して、学んでいくわけですよね。

転んだりしながら。

だから回転して生きていくって感じですよね」

私がキャリアカウンセリングを学ぶJCDAの新しい理論は「経験代謝」

上手く説明できないけれど

「人生は回転」の考え方はこの「経験代謝」と同じじゃないかな。

出来事にどんな意味を持たせて

その経験から何を学ぶのか。

そしてその学びを自分の中にしっかり取り込み知恵にしていく。

企業で言うところのPDCAでしょうか。

おいおい、学生たち、今なかなか深い事話してるよ~。

案外、キャリアとはなんていう理論を提供するより

こうして考え方を互いにシェアすることが、考え方をグンと広げてくれる。

この授業がこれからのキャリアを考えるきっかけになりますように。
18579017_1301689893278475_410685474_n

花を咲かせる準備

2017年05月12日 | キャリア支援

もう一つの大学でも講義が始まりました。

こちらの大学では4年生へのビジネスマナー。

社会に出た時に

しっかり新入社員研修をしてくれる会社ばかりではありません。

電話を取りなさいと言われても

自分の携帯でしか話したことがないので

電話の出方がわからず

電話が鳴るのが怖くてたまらない・・・なんてこともあるわけで。

そんなことの積み重ねで

会社に行くのがイヤ!

なんてもったい事になりませんように。

こちらの大学では

花壇がとってもきれいに整備されています。

秋植えのビオラも球根のチューリップも

冬の間にしっかり土から栄養を吸収。

花を咲かせるための準備をして春を迎えるんだなぁと思うと

かわいらしさだけでなく力強さも感じますよね~。

今すぐに出番が来なくても

そのタイミングを待つ間に準備をする。

これができる人とできない人の差は大きいとは

人材教育の仕事を端っこでさせてもらう中で強く感じること。

誰かのせいや状況のせい

時間がないから・・・と先延ばし先延ばしにしていたり。

「やります」と言ったことで満足して

実は行動を起こしていなかったり。

学生たちにもたくさん栄養をしっかり蓄えて

いつか花を咲かせるエネルギーを。

18450118_1295493217231476_1123483998_n

学生時代に活かすビジネスマナー

2017年04月27日 | キャリア支援

専門学校のシステム系クラス一年生。

「学生生活に活かすビジネスマナー」と題して、

3時間でこの2年間(3年間、4年間)で身に付けておくといいと思うマナーを伝えています。

専門学校は仕事に直結した学びを得る場所ですから

セットでマナーを身に付けておくに越したことはありません。

ビジネスマナーと呼ばれるものには

お辞儀の練習から始まり

敬語

電話応対

来客応対

・・・・・・・・・・。

でも、一番大切なのはマナーという形が出来上がる前の根っこの部分なわけで

この部分が何なのかわからないと

なぜにマナーを身に付けなくちゃいけないのかも分からない。

なので、今回担当している「学生生活に活かすビジネスマナー」では

最初にこちらをみんなで考え、

それぞれの腹に落ちたところで、

形を教えて身に付けてもらうという授業の流れをつくっています。

ほんの3時間ですから

前述の敬語、電話・・・、来客・・・応対はほとんどなし。

学生生活の中で毎日のように使えるマナーのみを伝えるようにしています。

それにしても今の学生たちは

マナーが大事という事をかなり早い段階からわかっているという印象。

なぜ?というところまではわからないけれど

これを身に付けておかないとちょっとまずいぞ、と考えている学生が多いような気がします。

マスコミの影響でしょうか?

なんか面倒くさいなと思っていた私の学生時代とは大違いです(笑)

みんなすぐにでも活かしてくれるに違いありません。

社会人になったら

お互いに毎日を気持ちよく過ごす職場の環境づくりは

一人一人がするもの。

その一歩になりますように。

今日のランチは満開の桜を目の前に眺めながら。

盛岡城跡公園のお堀の桜。

城が有った時代のものではないと思うけれど

なんとなくその時代を想像してしまう風情です。
18009798_1274509465996518_960088126_n