次の世界に向かえる期待感や喜び

2017年03月27日 | キャリア支援

日曜日は
67才で現役を勇退する方の「慰労と感謝の会」の司会。

「慰労と感謝の会」
ホテルの総料理長を勤め上げ
後進に道を譲りたいとの想いで
惜しまれながらの勇退。

その料理にファンが多いだけではなく
どこか俳優さんを思わせるルックスに
女性のファンも多い。

細やかな気遣いができて
人を大切にして
仕事を愛し
食とお酒を愛し・・・
本当にカッコイイ、ナイスガイ!

「人事異動などで離れる寂しさよりも、次に向かう楽しみを感じるタイプ。
今回の退職も次の世界に向かえる期待感や喜びが有ります。」との言葉。
う~ん、しびれます。

これまで、まさに一所懸命で歩んできた方が
次のステージをどう楽しむのか
私も楽しみにさせて頂きます。

17555486_1254230304691101_1134470836_n

今年初のドリームマップ授業®

2017年01月25日 | キャリア支援

16142614_1190476031066529_7416704388997979052_n

今年初のドリマ授業は

盛岡市立永井小学校。

こちらの学校は今年度初めての開催です。

未来を描くという事に慣れていない子も多く

繊細に接することが求められる一日でした。

もともとこの授業を始めた理由が

明るい未来を描きにくい子どももいる・・・

という事に気付いたこと。

なので、この授業が終わったころに

あるいは、後からジワジワと

自分の未来を描くことも「あり」だなぁ。

どんな風に慣れたらいいかなぁって考えてくれたらいいなと思いながらの授業になりました。

夢のタネが自分の心に眠っていることに気付いてくれたらいいな。

東寺の特別拝観が圧巻

2016年12月04日 | キャリア支援

今年3回目の京都。

今回は嵯峨野トロッコに乗って亀岡へ。
そこから小津川下り。
というアクティビティを楽しむことと
平等院&宇治を楽しむことがメイン。
そして、京都で必ずいく料理屋さんで美味しいものを食べること。

あとは暮らすようにのんびり・・・というのが
今回のテーマ。

二泊三日なのに暮らすように~と言ってもね。
と思うかもしれませんが・・・。

旅っていろいろ計画を立てて
欲張って動きたくなるもの。
あえてそれをせずにメインの予定だけ立てて
あとは現地で考えるという楽しみ方。

計画を立てたり
調べたりするのが得意な旅の連れは
頭の中に情報が入っているので
このくらいの時間ならあそこにいけるな、とか
そこに行くなら、これも行けるんじゃない、とか言ってくれるので助かる。

そこここで出会う情報に教えられて
じゃあ次は・・・と考えるのも楽しい。

おかしかったのは
思い切って吉本見ちゃう?なんて
京都なのに?!というプランを思いついてしまった時、
その喫茶店を出たところで東寺の特別拝観のチラシと目が合った?事!

ははは、このチラシに出会うための「よしもと」プランだったんだね~と大笑い。
だってこの喫茶店、入り口が二つあって
よしもとに行くためには入ったのと違うドアから出なきゃいけなかったんですもの。

東寺のライトアップは圧巻。
創建から1200年
日本で初めての密教寺院で
誰もが曼荼羅をわかりやすいようにと
空海が立体曼荼羅をつくったと聴きました。
空海って
誰も思いつかないようなことを思いつく天才だと思うのです。
空海の足跡たどりたくなります。

そして、
川下りのガイドさん
トロッコの車掌さん
川下りの船頭さん
彼らの説明の仕方や話し方がとっても工夫されていて勉強になりました。

次は、いつ行けるかな京都。
すっかり京都にはまった私たちです。

20161128 厨川小学校ドリームマップ®授業

2016年11月29日 | キャリア支援

15211702_1141313142649485_1413156523_n1

15218400_1141313229316143_1340985400_n1

15281020_1141313252649474_1996207678_n1昨日は
厨川小学校でのドリームマップ®授業。

校長先生が教育委員会にいらした時から
現場に戻ったら・・・という約束を頂いていての実現。

丘の上で夢を叫ぶ、
という活動が少し前に有ったばかりの学校ですが、
言葉だけではなく写真や切り抜きを使ってビジュアル化するこのドリームマップは、
将来の姿がより具体的にイメージできるもの。

担任の先生からも「これいいですね~。」の言葉を頂けて、嬉しかった。

私たちの活動は、メインでファシリテートするものと、
サブとして子どもたちのそばでフォローするものとのチームでの活動。
サブは、子どもたちの様子を良く観て、
必要な時には声掛け、見守ることが必要な時には距離を置く。
そんな風にして未来を描く手伝いをしています。

特に、その役目が大事なのは、
子どもたち自身の性格的なイメージをリフレーミングする時。
この時間の支援がうまく行くと子どもたちの表情がパーッと明るくなって、
そのあとの活動もさらにイキイキ。
その子の心のどこかにポッと温かい灯りが灯ったような、
そしての灯りをエネルギーにそ未来に歩き出そうとしているような、
そんな風に見える。

この後、冬休み前も後も続くドリームマップ®授業。チームみんなで子どもたちの未来を応援します。