今が適齢期(^_-)-☆

2016年12月28日 | 毎日のコミュニケーション

年末になって素敵な言葉をたくさん頂いた。

長年勤めた仕事を勇退なさったシェフ。
昼は奥様のアッシー君、夜はジム通いですって。
そろそろ動きたいな、と。
お店オープンですか?と伺ったら
「海外に行ってみたい」とのお応え。
お~!!さすがです。

WEDDINGの仕事でご一緒のカッコイイ女子は
これからチャレンジしたいことあるの?の質問に
「オーストラリアで仕事をしたい!」と。
うわぁ、こちらも海外!!
きっと、できます、あなたなら(^_-)-☆

そして、草野仁さんの講演では
「何かを始めようと思ったら
適齢期は今!と自己認定すること
はじめたら放りださずやり抜くこと。
それによって自分の新しい可能性の発見がある」との言葉を頂いた。

一緒に番組を作っていらっしゃる黒柳徹子さんは83才。
『ふしぎ発見』の収録前に事前の勉強を欠かしたことが一度も無いそう。
しかも徹夜で何冊の本を読みこんでくると。
例えば、次の収録はヨーロッパの芸術についてです、というとっても大雑把なお知らせが有った時には、1週間で16冊の本を読んでいらしたのだそうです。

そして「頭の中に、知識の縦糸と横糸をつなげることができたら素晴らしい」とおっしゃるんですって!

留まることを知らない、常に大海に向かって流れていくかの如くの徹子さん。どこまでご自分の世界を広げるのか。
 
一年の終わりに
世界を広げる考え方を3人の方から頂いて
さぁ、私は?です。

やりたくてもできないことがあるとしたら
その準備をすればいい。
今の状況を受け入れつつ
視野は大きく広げていこう。

ありがとうございます\(^o^)/

ご縁を頂きながら。

2016年12月28日 | 毎日のコミュニケーション

今年の婚礼司会は
これまで以上にご縁を感じながらの司会。

親子2代にわたって司会をお任せいただいたり
知り合いがご紹介くださったり
友人の息子さんの晴れの日をお手伝い出来たり
ご指名を頂いたりがとても多かった。

ホントにホントに有りがたいことです。
こうして言葉にすると、なんだかありきたりな表現しかできないのだけれど
心からふわーっと湧き上がる幸せな想いが有ります。

年内ラスト前の司会は子ども向けのイベント。
こちらもとっても長いお付き合いの仕事です。
主催のご担当は何年かで変わるけれど
司会の私はず~っと変わらず(*^-^*)

自分が子どもの時に来ていたイベントに
親になって今度は自分が子供を連れてきましたと言うお母様もいらっしゃるイベント。

ふふふ、すごい事です!!

大学3年生 就活対策授業

2016年12月28日 | 毎日のコミュニケーション

もう7年目になる大学三年生のための
就活直前講座3回シリーズが終了。

「誰かのために自分の能力・興味を生かすのが仕事」という事に意識を向けての就活。

今の自分の課題はなに?
足りないものを埋めるために今できることはなに?
そんな気付きを生かす行動するための講座にしましたが
その後、彼らはどう動いてくれているでしょうか?

一人一人の就活事情は
それぞれで、それで良いと思うのですけれど
聴講してくれた学生には
主体的に動く就活にしてもらいたいと思うのです。

20161219 上田小学校ドリームマップ授業

2016年12月28日 | 毎日のコミュニケーション

年内最後のドリームマップ授業は盛岡市立上田小学校で。

サッカー選手になりたい子は、みんなから「頑張れ」の声をたくさんもらっていて、日ごろからサッカーでの活躍が注目されている子なのかという印象。
そして、この子のドリマ授業への感想は
「目先のことでつまってしまうことがあるけれど、それにとらわれず、広い夢・広い視野を持って頑張りたい。この授業でイメージが膨らみ、発表したら自分の悩みがすっとんでいった」とのこと。
お~、私もこの言葉に学ばねば!

大人もずっと先にあるビジョンが見えていない時は、目先のことにとらわれてイライラしたり、投げ出したくなったりしますよね。そんなときは、立ち止まって、何のために誰のためにを思い出すと、すーっと物事が頭の中で整列してくれる感じがしています。私の場合ですけれど。

そういったことに気付くことができる6年生の思考する力!!小学生だからって答えを教えなくても自分でしっかり考えられることを実感した一日でした。

ueda

20161216 河北小学校ドリームマップ授業

2016年12月17日 | 毎日のコミュニケーション

授業の最後にお礼として歌ってくれた
子どもたちの合唱
「命のうた」に号泣。
———————–―――

はじめて考える自分の未来。
そんな子もいて
不安も一緒の心の中。

うんうん考えて考えて
自分の未来を描きだした後の
みんなの顔はスッキリ良い顔でした。

「みんなの夢を共有できてよかった」
「氷山の一角だけではなく、山一杯の自分を知れてよかった」
嬉しい感想も
私たちへのご褒美デス。

15592657_1158638187583647_1083815390_n1

効果的な話し方

2016年12月17日 | 毎日のコミュニケーション

話すことを仕事にしている私ですが
話すこと、それほど得意ではありません・・・。

感覚的なものの捉え方と
感覚的なアウトプット。

なので、主人からなどは「いきなり何?」
娘からは「よくわかんない!」とバッサリやられることも。

なので、
だからこそ、授業で「効果的な話し方」教えるようになって良かった~!と思うのです。

分かりやすい話し方の構成がわかるだけでも
何が言いたいかが明確に!

今の時期の、専門学校授業は
「効果的な話し方」を3コマ×2日。

「どう伝えたのか」
ではなく
「どう伝わったか」をロープレで確認していきます。

企業様でのプログラム提供もしています。
ご相談ください。

コミュニケ―ションギャップを埋める
ひとつのツールになります。

植松努さんの講演会を開催します

2016年12月09日 | 毎日のコミュニケーション

周りから「無理」と言われ続けた「ロケットを飛ばす夢」を叶え、今ではご自身の会社でロケットを飛ばしている植松努さん。

親子で聴いて頂くもよし
大人だけで聴いて頂くもよし
の講演会です。

きっと勇気がもらえます。
今を生きる力をもらえます。

当日券でお入りいただけますが
前もってチケットが欲しい方には直接ご連絡を差し上げます。

https://www.facebook.com/events/1104480616271923/
%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

初開催!滝沢市立柳沢小中学校ドリームマップ授業

2016年12月09日 | 毎日のコミュニケーション

h28%e3%80%8012%e6%9c%885%e6%97%a5%e3%80%80%e6%9f%b3%e6%b2%a2
5年生6年生10人の複式学級で初開催。

私たちの心配をよそに
5,6年の差を感じることなく
この活動を楽しめました。

詳しくご紹介できないものの
思いがけない嬉しいことがあり
自分の今を認めることや
夢を描くことが
その子一人一人のエネルギーになることを感じる一日でした。

開催を決めてくださった担任の先生も
とても素敵な「夢」を発表してくださいました。

先生は、子どもにとって身近な大人。
自分の未来をイメージするのにとても大事な存在の一人です。
その憧れのような存在である先生が
嬉しそうに「夢」を語る姿!
子どもたちもとても嬉しそう。

いいな、ドリームマップ!

受賞しました!

2016年12月09日 | 毎日のコミュニケーション

経済産業省【キャリア教育アワード優秀賞】

キャリア教育「ドリームマップ®授業」
岩手では今年度25校で実施。
子どもたちに夢のチカラを!

本部の皆様の尽力で嬉しい賞を頂くことができました。
岩手での活動が安定しているのは本部の皆様のおかげです。

全国の子どもたちが主体的に自分の未来を捉え
主体的に生きる力をつけて欲しい。

その願いをエネルギーにして
私たちはこれからも活動します。

東寺の特別拝観が圧巻

2016年12月04日 | 毎日のコミュニケーション

今年3回目の京都。

今回は嵯峨野トロッコに乗って亀岡へ。
そこから小津川下り。
というアクティビティを楽しむことと
平等院&宇治を楽しむことがメイン。
そして、京都で必ずいく料理屋さんで美味しいものを食べること。

あとは暮らすようにのんびり・・・というのが
今回のテーマ。

二泊三日なのに暮らすように~と言ってもね。
と思うかもしれませんが・・・。

旅っていろいろ計画を立てて
欲張って動きたくなるもの。
あえてそれをせずにメインの予定だけ立てて
あとは現地で考えるという楽しみ方。

計画を立てたり
調べたりするのが得意な旅の連れは
頭の中に情報が入っているので
このくらいの時間ならあそこにいけるな、とか
そこに行くなら、これも行けるんじゃない、とか言ってくれるので助かる。

そこここで出会う情報に教えられて
じゃあ次は・・・と考えるのも楽しい。

おかしかったのは
思い切って吉本見ちゃう?なんて
京都なのに?!というプランを思いついてしまった時、
その喫茶店を出たところで東寺の特別拝観のチラシと目が合った?事!

ははは、このチラシに出会うための「よしもと」プランだったんだね~と大笑い。
だってこの喫茶店、入り口が二つあって
よしもとに行くためには入ったのと違うドアから出なきゃいけなかったんですもの。

東寺のライトアップは圧巻。
創建から1200年
日本で初めての密教寺院で
誰もが曼荼羅をわかりやすいようにと
空海が立体曼荼羅をつくったと聴きました。
空海って
誰も思いつかないようなことを思いつく天才だと思うのです。
空海の足跡たどりたくなります。

そして、
川下りのガイドさん
トロッコの車掌さん
川下りの船頭さん
彼らの説明の仕方や話し方がとっても工夫されていて勉強になりました。

次は、いつ行けるかな京都。
すっかり京都にはまった私たちです。