20161130 絵が下手すぎです

2016年11月29日 | キャリア支援

今日の授業は敬語でした。

尊敬語謙譲語の使い分けを説明するのに図解しています。
その時の絵が下手すぎで
いつも背後から
「エッ」って声がします。

それって「人間?」という響き。たぶん。
私も自分で疑問デス。

20161128 厨川小学校ドリームマップ®授業

2016年11月29日 | キャリア支援

15211702_1141313142649485_1413156523_n1

15218400_1141313229316143_1340985400_n1

15281020_1141313252649474_1996207678_n1昨日は
厨川小学校でのドリームマップ®授業。

校長先生が教育委員会にいらした時から
現場に戻ったら・・・という約束を頂いていての実現。

丘の上で夢を叫ぶ、
という活動が少し前に有ったばかりの学校ですが、
言葉だけではなく写真や切り抜きを使ってビジュアル化するこのドリームマップは、
将来の姿がより具体的にイメージできるもの。

担任の先生からも「これいいですね~。」の言葉を頂けて、嬉しかった。

私たちの活動は、メインでファシリテートするものと、
サブとして子どもたちのそばでフォローするものとのチームでの活動。
サブは、子どもたちの様子を良く観て、
必要な時には声掛け、見守ることが必要な時には距離を置く。
そんな風にして未来を描く手伝いをしています。

特に、その役目が大事なのは、
子どもたち自身の性格的なイメージをリフレーミングする時。
この時間の支援がうまく行くと子どもたちの表情がパーッと明るくなって、
そのあとの活動もさらにイキイキ。
その子の心のどこかにポッと温かい灯りが灯ったような、
そしての灯りをエネルギーにそ未来に歩き出そうとしているような、
そんな風に見える。

この後、冬休み前も後も続くドリームマップ®授業。チームみんなで子どもたちの未来を応援します。

20161126 にこにこリハビリディサービス様 ドリームマップ

2016年11月29日 | キャリア支援

10月に一回目のワークショップ。
自分の今を確認して
11月26日㈰
今回はいよいよドリームマップの作成です。

ワークショップが始まる前の気持ちの確認から。
どんな気持ちが湧いてくるのか楽しみな方もいれば、
今まで思い通りになったことがないので描くことが怖いとおっしゃる方も。

企業研修で描くドリームマップなので、
仕事を社会とのつながりと捉え
仕事での「こうだったらいいな、こうだったら幸せ」も描いて頂きます。

私にも
どんな未来が描かれて
どんな言葉が書き込まれるのかは
全く見えない。

時間が経つにつれ
混沌としていた自分の考えが整理されていくかの如く、
ひろがっていた素材(雑誌の切り抜きなど)が
上手い具合に画用紙に貼られていき
見れば一つにまとまった絵のように出来上がるドリームマップ。

ところどころで私から質問をさせてもらって
気持ちを整理する手伝いはさせて頂いたものの
ほとんどが、ご自分の中から生まれ出た「希望」

皆さんを見ていると
五感を使って作業することで
潜在意識が顕在化されるってホントだよねと思う。

いよいよ発表会。
自分の事、家族のことは自由に自由に
楽しく楽しくのびのびと~。
これは、もう間違いなくワクワクでしょ!

そして、感動したのは
仕事の部分。
こんなステップアップがしたい
この事業所でこんなことができたら良いなが出てきたこと。
代表の方も「おぉ、そういうこともできるか」と感心しきり。
そして「みんなに任せれば大丈夫だ」との確信が持てた様子。

後は実現していく仕組みづくりでしょうか。
ここは私にはお手伝いが難しい部分ですけれど
皆さんの気持ちのフォローはできるかなと思っています。

モチベーションが上がっているうちに
ひと仕掛けしたいところ。

代表の方の大きな夢も応援させて頂きます。20161126_1150141

盛岡市PTA連合会第Ⅶブロック交流研修会 講演

2016年11月23日 | キャリア支援

ドリームマップ®を小中学校に届けている立場で
お呼び頂いた講演会です。

ドリームマップ®を始めて5年目から
時々講演のお話を頂きます。
まだまだ経験が足りないし
深みもないかなぁと自分では思うけれど、
せっかく頂くご縁ですから
一生懸命準備して臨ませて頂いています。

今回も
母親としての失敗談と
キャリアカウンセラーとしての立場から
子どもの意欲のスイッチを入れるためには・・・。
という話をさせて頂きました。

ドリームマップ®のプログラムを学んでからの
子育てはそれまでの子育てとだいぶ変わりました。
子どもの自己肯定感を育てることが上手にできなかったと思う
長男長女。

その反省があるから、
小中学校でのドリームマップ®授業を一生懸命にやっているのかもしれません。

私にお声をかけてくださった
担当校の校長先生、副校長先生。
PTAのOさん、Nさん、スペシャルサンクスでございます。
そして、たくさんの方にお越しいただきましたことにも感謝。

懇親会では
参加者皆さんの自己紹介時に
講演の感想を言って頂きとても嬉しかった。
皆さまのお役に立てますように。

20161122_194936

接遇研修 岩手県自動車整備商工組合様

2016年11月23日 | キャリア支援

ご紹介くださる方がいてのご依頼。
岩手県自動車整備商工組合様

ご担当の係長とそのご上司である課長、
この二人の掛け合いが絶妙で
打ち合わせの時から笑いっぱなし。

気取らず、でもあちこちに目配り。
それが会員の皆様から愛される秘訣でしょうか。

ホテル11階、
眺めの良い会場での研修と
(会場のカーテンはしまっていたけれど
ロビーからは岩手山がばっちり目の前)
美味しいお弁当。

女性社員のための研修ということでの
セッティング。
私の心も掴まれました~。

ありがとうございます。

ご縁をくださった方にも感謝です。

20161122_122825

20161123_162406

こんな大人になりたい

2016年11月21日 | キャリア支援

今日もキャリア教育ドリームマップ®授業。

月曜日の朝、ちょっとお疲れかな?と様子を見ながら始まった一時間目。

ひと言で言うと
大きな大きな変化が有った一日でした。

大人への階段を1歩2歩上り始めた6年生。
現実を知って、自分に厳しい年代の子どもたち。
未来を描くのに葛藤があるのかもしれません。

それでも作業が進むにつれ
想いが引き出され
今の自分に見合う言葉を書きだします。

このプログラムでは将来就きたい職業を中心にして描くことが多いけれど
今日は、考えて考えて「こんな大人になりたい」という想いを描く子が多かった。それでももちろんOK。

まずは「こうなれたらいいな」「こうなれたら幸せ」という自分なりの明るい未来を思い描くことが大切。

この授業を、
自分はどんな大人になりたいのか、どんな仕事をしたいのかを考えるきっかけにしてくれますように。

レジメ完成~(*^-^*)

2016年11月20日 | キャリア支援

セミナーと講演のレジメづくり。

話し始める直前まで

こっちの言葉の方がいいかな

それとも~と

割と悩む。

なので、レジメづくりは割とストイックに頑張る私です。

ご縁を頂いての登壇。

楽しい・わかる・使えるを目指します。

ラストスパート

2016年11月16日 | キャリア支援

検定対策のため、授業数を増やしてのラストスパート。

一クラスは、今日が検定前の最後の授業。
受ける前から、無理無理って・・・。
イメージするなら、受かるイメージ持って受けてね(*^-^*)
そのつもりで教えてますから~。

自分の気持ちを伝える

2016年11月15日 | キャリア支援

記事を読んでその感想を伝えるという授業。

就職活動でも
社会人としても
伝えづらいのは
事実よりも自分の気持ち。

学生、本人たちが言うように
自分の気持ちを伝える必要がなかったというくらい
周りの大人が気を利かせてくれたり
自分の気持ちを伝えるほどの深い関係が必要なかったり。

けれど、社会人になると
伝えないとわかってもらえないのですよ。

何度も話す
何度も他の人の考えを聴く
この繰り返しによって
深く考えて話せるようになることをイメージしての授業。

私も、伝えることは難しいと感じている一人・・・。

盛岡市立太田小学校ドリームマップ®授業

2016年11月14日 | キャリア支援

今日は
盛岡市立太田小学校でキャリア教育ドリームマップ®授業。

はじめは、未来をイメージすることが苦手かなと思う子も、ワークを進めるうち少しずつ心に未来がふわ~っと広がっていくように見えました。

イメージする力はとっても大事です。プラスのイメージを持つことで、そこに向かっていくエネルギーが自分の中から湧いてきますから。

初開催の学校。開催を決めてくださりありがとうございます\(^o^)/