学生時代に活かすビジネスマナー

2017年04月27日 | キャリア支援

専門学校のシステム系クラス一年生。

「学生生活に活かすビジネスマナー」と題して、

3時間でこの2年間(3年間、4年間)で身に付けておくといいと思うマナーを伝えています。

専門学校は仕事に直結した学びを得る場所ですから

セットでマナーを身に付けておくに越したことはありません。

ビジネスマナーと呼ばれるものには

お辞儀の練習から始まり

敬語

電話応対

来客応対

・・・・・・・・・・。

でも、一番大切なのはマナーという形が出来上がる前の根っこの部分なわけで

この部分が何なのかわからないと

なぜにマナーを身に付けなくちゃいけないのかも分からない。

なので、今回担当している「学生生活に活かすビジネスマナー」では

最初にこちらをみんなで考え、

それぞれの腹に落ちたところで、

形を教えて身に付けてもらうという授業の流れをつくっています。

ほんの3時間ですから

前述の敬語、電話・・・、来客・・・応対はほとんどなし。

学生生活の中で毎日のように使えるマナーのみを伝えるようにしています。

それにしても今の学生たちは

マナーが大事という事をかなり早い段階からわかっているという印象。

なぜ?というところまではわからないけれど

これを身に付けておかないとちょっとまずいぞ、と考えている学生が多いような気がします。

マスコミの影響でしょうか?

なんか面倒くさいなと思っていた私の学生時代とは大違いです(笑)

みんなすぐにでも活かしてくれるに違いありません。

社会人になったら

お互いに毎日を気持ちよく過ごす職場の環境づくりは

一人一人がするもの。

その一歩になりますように。

今日のランチは満開の桜を目の前に眺めながら。

盛岡城跡公園のお堀の桜。

城が有った時代のものではないと思うけれど

なんとなくその時代を想像してしまう風情です。
18009798_1274509465996518_960088126_n